結婚式はめでたいことなので、大安吉日の土日に行わることが多く、
人気の日取りとなっています。
オンシーズンで大安土曜日であれば1年先まで予約がいっぱいなんてこともあります。


最近では仏滅割引サービスが増えて、利用者も増えています。
日柄にこだわらない方が増えてきたのでしょう。
年配の方は日取りを気にする人が多いので、
家族や親族などの意見を聞いて配慮する必要もあります。


結婚式の日取りは二人の都合は大前提ですが、
媒酌人や招待客の都合にも配慮する必要があります。
媒酌人を立てる場合、依頼後、都合を確認してから日取りを決めるのがマナーです。


列席者のことを考えるなら決算期など会社の忙しい時期やお盆休みや夏休み、
年末年始、ゴールデンウィーク、三連休の中日などは避ける方が無難です。