仏前式は仏の前で数珠を受け、焼香して杯を交わすのが一般的です。
信仰している宗派の寺院や先祖代々の菩提寺で挙式を行います。
形式は宗派によって多少異なります。


寺院以外では仏前式の挙式可能なホテルや結婚式場の数が少ないので、
会場探しが少し大変です。事前に良く調べておきましょう。


仏前式の一般的な流れは

1.入堂
2.啓白文朗読
3.念珠授与
4.司婚の辞
5.誓いの言葉
6.新郎新婦が焼香
7.誓杯
8.親族固めの杯
9.法話
10.退堂



新郎と新婦の宗派が異なる場合、男性側の宗派に合わせることが多いようです。
仏前式では挙式料を御礼と書いた祝儀袋に入れて渡します。
相場は5~10万円です。


他にも僧侶やお付きの僧侶に対するお礼は、
御礼を表書きし両家連名で2~3万円渡します。