キリスト教はプロテスタントとカトリックに大別されます。


カトリックでは原則として信者以外の挙式を認めていません。
それゆえ一定期間礼拝や結婚講座に通う必要があったりします。
また離婚は許されないこととなっています。


プロテスタントは、ホテルや専門式場のチャペルで行われるほとんどの挙式です。
こちらは日程が合えば、問題なく行えます。


キリスト教式では、新郎にアッシャー、
新婦にブライズメイドと呼ばれる介添え人が付きます。
介添え人は媒酌人がいる場合、媒酌人夫妻が行い、
媒酌人がいない場合は新郎新婦それぞれの友人、知人にお願いします。


キリスト教プロテスタントの場合の挙式の一般的な流れは以下になります。

1.新郎入場
2.新婦入場
3.讃美歌斉唱
4.聖書朗読・式辞
5.結婚の誓約
6.指輪の交換・誓いのキス
7.結婚証明書への署名
8.結婚宣言
9.讃美歌斉唱
10.新郎新婦退場